2008年01月16日

白い道〜思い降り積もる温もり〜

なぜだろう
この雪が暖かいのは

歩いてきた
思いのかけらが
降り積もってきたから?

白い道は
ここで分かれ道
違う道を
これから歩く

重ねた足跡は
ここから分かれるけど
積み重なった雪の暖かさは 同じ

白い道は
ここで分かれ道
でもいつか
また会えるかもしれない

だから

さよならは 言わない

一緒に付けた足跡を
記憶の底に刻み付けて

別々の白い道を
歩いていこう

さよならは 言わない

またいつか
同じ足跡を見つけたなら

そのときは思い切って
手を振ろう

さよならは 言わない

今ここでつけた足跡を
覚えていて

後は雪降り積もる
白い道を

まっすぐ歩いて行こう

きっと白い道の先に
輝く春が待っている

ただ やわらかい雪が
貴方を暖め
守ってくれますように

黙ってそっと 手を振った

さよならは 言わない

振り返らなくていい

さよならは 言わない

またきっと 会えるから・・・
posted by 天羽悠衣 at 17:19| Comment(27) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

秋色の……

鈴の音に
振り向いてみれば
透明な風が
吹き渡る

どこへいく
どこへいく

目を閉じれば
切ないまでに
心を過ぎる
風の気配

涙をどこへ、持って行く?
posted by 天羽悠衣 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一筆箋・雨の日さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

夏の終わり

なごり蝉
色なき風に
流されて

夏がもうすぐ
さよならを告げる
posted by 天羽悠衣 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

霧の中の夢一輪

見えなくていい
聞こえなくていい

怖がりだから

見たくない
聞きたくない

白く閉ざされた
外側の世界を

ただ
霧を分けて
迎えに来る
貴方が
待ち遠しくて

自分の身を
抱きしめる

貴方のぬくもりを待って
ずっとうずくまっている

ここは霧の中の夢

ここは

夢の中の

霧・・・
posted by 天羽悠衣 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

これきりの冬〜純白の花

花凍む
春の隙間に
冬の風

空から舞うは
冬名残の花
posted by 天羽悠衣 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

切ない春を、歌に。

風に乗り
雨をくぐり行く
梅の花
重なる涙は
思い出の時間(とき)

SINCE 2007
posted by 天羽悠衣 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

春の雨のRequiem〜梅にかかる虹

梅の赤
梅の白

花にはじける
涙の雨

雨にぬれて
立ち尽くす

貴方の

好きだった歌が

歌を歌う声が

雨と一緒に大地へと

消えて

後に残るは
雨の歌だけ

太陽を
探していたんだ

南の島から来て
笑ってた貴方

せめて
雲が切れてから
雨が止んでから

見送りたかった

春を告げる
東風

風よ、乗せて
梅の匂いと優しい笑顔、魂を

雨が止んだら
虹を超えて
生まれ育った故郷へ

・・・おやすみなさい また会いましょう・・・

島唄を、聴きながら・・・

 

posted by 天羽悠衣 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

風の中のひとりごと

ただ風に向かい

たたずんでいると

耳の横を行過ぎる囁きが

時々心をつかんでくる

冬の風の中に

春の予告を聞くと

じれる気持ちがうずきだす

そよ風の中に

懐かしい声を聞くと

心だけが風と一緒に

流されてしまいそうだ

一緒に連れて行って欲しい

私も・・・
posted by 天羽悠衣 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 一筆箋・雨の日さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

雨夜夢〜灰色のわすれもの

降り注ぐ
雨の音
闇夜の中で
音だけが響く
瞳閉じれば
私の元にも
注ぐ雨
夢はいつでも
モノクローム
闇夜の黒を
溶かした雨は
夢の中まで
グレーに染めて

色無き風は
秋を告げ
色無き景色は
忘れた時を告げる
切なくてどこか
懐かしい
遠くて近い
雨の夜の夢
posted by 天羽悠衣 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

冬のあしおと

風のあしおとに
冬の訪れを聞く
極みまで澄もうとする風は
大地の音をさらう
生き物の鼓動をさらう
静まり返る
清き冬
風に舞う木の葉
受け止めて
息を潜めよ
静かに眠れよ

喜びの詩が
聞こえてくるまで……
posted by 天羽悠衣 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一筆箋・雨の日さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。