2006年11月08日

冬のあしおと

風のあしおとに
冬の訪れを聞く
極みまで澄もうとする風は
大地の音をさらう
生き物の鼓動をさらう
静まり返る
清き冬
風に舞う木の葉
受け止めて
息を潜めよ
静かに眠れよ

喜びの詩が
聞こえてくるまで……
posted by 天羽悠衣 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一筆箋・雨の日さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。